文化財展「蔵王の名所」

文化財展「蔵王の名所」

 

 

 

 

 

 

蔵王町には御釜蔵王エコーライン刈田嶺神社弥陀の杉などをはじめ、数々の自然・歴史・文化的にも素晴らしい名所があります。

 

しかし、案外知っているようで知らない、その名所についての詳細・・・。

 

そんな蔵王の名所が一気にわかってしまう展示が、蔵王町ふるさと文化会館(ございんホール)で現在行われています。

 

蔵王町の歴史と文化財のマスコットキャラクター・どきたんが愛らしくわかりやすく、そして知っているようで知らなかったことも説明してくれます。

 

たとえば、

・蔵王エコーライン入口にある鳥居は、刈田山頂にある刈田嶺神社(冬の間は遠刈田に里宮としてご神体が移されます)の参道入り口を示している。

・遠刈田温泉には江戸時代に上湯・下湯・東湯という3つの浴場があった。現在の2つの共同浴場(神の湯壽の湯)はその流れを汲んでいる。

・平沢地区にある「丈六阿弥陀如来坐像」や「弥陀の杉」は、この地が奥州藤原氏と深く関わっていたことを物語る遺産である。

などなど。

 

これを見れば蔵王の名所を見る際に、より興味深くご覧になれると思いますよ~。

基本情報

文化財展「どきたんと行く蔵王の名所」
開催日時:平成23年5月31日(火)まで 10:00~19:00(5/15は17時まで)
      ※月曜日は休館
開催場所:蔵王町ふるさと文化会館(ございんホール)展示室(蔵王町大字円田字西浦5)
入場料:無料
お問合せ:蔵王町教育委員会 教育総務課 文化財保護係(TEL 0224-33-3008)