みやぎ蔵王山麓自然体験学校 その5

みやぎ蔵王山麓自然体験学校 その5(大根種まき)

 

 

 

 

 

 

 

前回:http://www.zao-machi.com/9932

  

8月4~5日に行われた「みやぎ蔵王山麓自然体験学校」の模様をお送りしています。

  

2日目午前に森の中を歩いた後、蔵王ハートランドにて、チーズドリンクを一杯飲んで元気を取り戻した子どもたち。

  

その後、大根の種まきをするために、町内各所の畑へ移動。

  

 

大人でも意外と知らないかもしれませんが、大根は種からできるものなのです。

 

種の缶というのがあって、それが1缶15,000円くらいするそう。

 

その種からあの白い大根ができるわけです。

 

実際に見てみると「そうなんだ」と思えるようなことかもしれません。

畑を所有する農家の方から種の蒔き方などを教わり、実際に自分で蒔きました。

 
自分で1人で蒔いてたものが、他人と協力して、土に穴を開ける子、種を蒔く子など分業するなど、思い思いに工夫していました。

 

40分ほど種を蒔いて終了。

 

この大根、11月頃には大きな大根となります。

 

それを収穫し、各学校に配りに行く予定です。

 

あの種がずっしりと重い大根になっていくんですねえ。

 

大人でも意外と面白い体験だと思いますよ。

※11月には、大根を袋詰めにできちゃう「蔵王高原大根狩り」が行われます。