蔵王のお土産シリーズ その3(こけし)

こけしの販売

 

 

 

 

 

 

 

東北地方の代表的な玩具といえば、こけし。

 

蔵王町の遠刈田地区は、こけしの発祥の地といわれています。

 

現在でも伝統的な技術を受け継いだ、木地師がこけしを作っています。

 

そんなこけしは、蔵王のお土産品として、今でも根強い人気があります。

 

小さなもの から大きなもの まで、またその技術を利用した「えずこ」や、剣玉といったものも作られています。

 

大きさによって差がありますが、1,000円くらいからお求めになれますのでお土産にいかがでしょうか?

基本情報

遠刈田こけし

販売箇所:みやぎ蔵王こけし館各工人のお店、菅井商店、よしまつ物産店など
価格:大きさ次第ですが、1,000円くらいから。