今日の蔵王

9/23 「麻糸刺子 / 組紐 ブレスレット 」ワークショップ を開催します!(みやぎ蔵王こけし館)

みやぎ蔵王こけし館 では、企画展「” 里山の てしごと展 ~麻を績み 藁を綯い 藍を建てる~ “ 」を開催中です。

この企画展の一環として、今週末 9月 23日には、「麻糸刺子 / 組紐 ブレスレット 」ワークショップ を開催いたします。

● 9月 23日(土)

【 麻糸刺子 / 組紐 ブレスレット WS 】

・伝え手:  山本 京子/佐々木 真紀(麻糸績み技能者『よりひめ』)
・参加料:  \2,000

 

企画展や、ワークショップの詳細については、下記の こけし館 へお問合せください。

 

基本情報

こけし館企画展「里山の てしごと展」

■ 期  間/ 2017年 9月 14日(木)~ 11月 30日(木) ※ 最終日は 15:00 まで。
■ 会  場/ 蔵王町伝統産業会館(みやぎ蔵王こけし館)
■ 連  絡  先/ TEL 0224-34-2385 MAIL info@kokeshizao.com
■ 開館時間/  9:00~ 17:00(最終入館時間 16:30)
■ ウ   ェ   ブ/ http://www.zao-machi.com/51086

今年も開催!!たっぷり蔵王!キャンペーン

蔵王の魅力を、蔵王の食材たっぷりで!

毎回大好評をいただいております「たっぷり蔵王!キャンペーン」が今年も開催。


チラシ表面※画像をクリックするとpdfが開きます。

チラシ裏面※画像をクリックするとpdfが開きます。

9回目となる今回は30店46メニューが参加!
その中で、9メニューが今回のテーマメニューの「丼もの」、19メニューが「テーマ食材(里いも・ツルムラサキ・乳製品)活用メニュー」となっており、今回のお楽しみポイントの一つです!

そして、もう一つのお楽しみポイント、抽選で豪華賞品が当たるスタンプラリーは今回からルールが変更。
恒例の参加店協賛賞」に加え「エリア制覇賞」が新たに追加され、総数113本になっています。
●参加店協賛賞:1枚の台紙に【異なる3店のスタンプ】を集めてご応募ください。
(エリアは問いません)
●エリア制覇賞:1枚の台紙に「蔵王町西武エリア」「蔵王町東部エリア」「遠刈田温泉まちなかエリア」それぞれで1個ずつスタンプを集めてご応募ください。エリア制覇賞で選外となった方は参加店協賛賞でもうワンチャンス!
※各エリア、賞品に関しては上記画像をご確認ください。
※参加メニューを含む500円以上をお買い上げで1スタンプ押印

お楽しみ盛りだくさんで開催する「たっぷり蔵王!キャンペーン」は平成29年10月1日(日)~11月30日(木)の2か月間開催!

行楽の秋、食欲の秋、心ゆくまで蔵王の食の魅力をお楽しみください!

 

基本情報

たっぷり蔵王キャンペーン

開催期間:平成29年10月1日(日)~11月30日(木)
開催場所:キャンペーン参加店(町内30店)
お問い合わせ:蔵王町観光案内所
tel 0224-34-2725

メニュー紹介記事(提供店)

その1 紹介記事
【きつね温麺セット ミニ油麩丼・リンゴコンポート付き】(蔵王山頂レストハウス)
【JAPAN X 豚しゃぶセット】・【蔵王クリームチーズの生春巻き~デザート仕立て~】(みやぎ蔵王えぼしリゾート)

その2 紹介記事
【蔵王爽清牛のぎゅうぎゅう丼】(Cochon d’Inde コション・ダンド
【JAPAN Xのポークジンジャー丼】
【蔵王鴨のかな~る丼】

その3 紹介記事
【マーブルチーズケーキ】(御菓子司 玉浦屋
【大シュー穫祭part3】
【つるむらさき天丼(かきあげ) そば付】【手打ちそば処 やまなみ】

その4 紹介記事
【温泉卵】 (旅館 源兵衛)
【豆乳豆腐】

その5 紹介記事
【蔵王産鴨ももスモーク】   (バイオファーム蔵王)
【蔵王鴨プレミアムウィンナー】

その6 紹介記事
【蔵王高原野菜入りスープカレー】(蔵王わくわくファーム)
【手作りソーセージミックスピザ】

その7 紹介記事
【ブルーベリータルト】  (喫茶 キャロル)
【キャロル ジェラート】

その8 紹介記事
【生ゆば丼】 (食彩工房 はらから)
【里イモ、シイタケ、牛肉の「オムハヤシ」】(ZeIKova ゼルコバ)

その9 紹介記事
【フランス鴨釜めし】 (器とお食事の店 山ぼうし)
【ジャパンXポークステーキご膳】(和風レストラン 正六)

その10 紹介記事
【ヨーグルトボウル】  [ヨーグルト工房 Atreyu(アトレイユ)]
【マザーのしいたけと採れたて野菜のピッツァ】 [JAC’s Village(コンテナキッチン)]

その11 紹介記事
【いちじくピザ(FigPizza)】
【パンプキン ベイクドチーズケーキ】 (レストラン えんそう)
【肉うどん・肉そば】 (食事とこけしの店よしまつ)

その12 紹介記事
【フルーツ・ソーダdeザオウ】 (cafe fua)
【たっぷり蔵王里いもあんかけどん】 (ギャラリーカフェ Cross Road)
【けんちんそば・うーめん】
【蔵王はるかシャーベット】 (そば処 賛久庵)

その13 紹介記事
【秋の味覚セット】
【たっぷり蔵王野菜天どん】 (旬の食事処 レストラン釜沢)
【野菜具だくさんすいとん】
【手打ちもりそば】
【かぼちゃのチーズケーキ】 (カフェ&体験工房 杜空館)

その14 紹介記事
【里芋の台灣パルフェ】
【つるむらニジマスの三五八漬け粥】 (台灣喫茶 慢瑤茶)
【仙台黒毛和牛のさといもコロッケ】
【肉屋の鶏めし】  (大八精肉店)

その15 紹介記事
【蔵王爽清牛の牧場ハンバーグ】(ウインド・スクエア)
【チーズフォンデュー】 (チーズシェッド )
【蔵王爽清牛のピリ辛チーズ丼】 (チーズハウス)
【チーズスティック】(手作りパン&チーズケーキ 蔵王牧場)

10/12開催!落語の集い 入場券販売中! [蔵王町ふるさと文化会館]

※上記をクリックすると拡大されます。

10月12日(木)、蔵王町ふるさと文化会館(ございんホール)にて

三遊亭円楽さんが出演される[落語の集い]が行われます。

笑点でおなじみの円楽さんを真近で見ることが出来ますよ(*^。^*)

入場する際は、入場券が必要となりますので、蔵王町ふるさと文化会館にて購入してください。

[落語の集い]

開催日/10月12日(木) 午後4時30分(午後4時00分 開場)

開催場所/蔵王町ふるさと文化館(ございんホール)

入場料/1,500円(全席自由) ※未就学児の入場はご遠慮ください。

 

[お問い合わせ先]

蔵王町ふるさと文化会館

TEL/0224-33-2018

 

 

みやぎスマイル&スマイル スタンプラリー開催中!


※上記をクリックすると拡大されます。

宮城県内の農産物直売所・農漁家レストラン・農漁家民宿を周ってスタンプを集める
「みやぎスマイル&スマイルスタンプラリー」が現在開催されています。

実施期間は平成29年8月31日~12月8日までで、各スタンプラリー参加施設の
スタンプを3ヶ所以上集めて応募すると、抽選で200名様に
「みやぎの農産物」(3000円相当)が当たります。

さらに!ラッキー賞として、5ヶ所以上スタンプを集めた方の中から抽選で20名様に
「カタログギフト」(10.000円相当)が当たります。

さらにさらに!ハッピー賞として、7ヵ所以上のスタンプを集めた方には抽選で5組に「宮城県内温泉旅行ペア宿泊券」(20.000円相当)が当たります。

蔵王町を含めた仙南エリアのスタンプラリー参加施設は下記一覧のとおり↓

蔵王町のスタンプラリー参加施設(7ヶ所)
・産直市場みんな野
・ 蔵王酪農センターチーズキャビン
・蔵王会 もみじ亭
・カトー青果
・ヨーグルト工房 Atreyu
・福田果樹園
・旬の食事処レストラン釜沢
※店舗ごとに営業時間・休業日が異なりますので、お出かけの際は事前に
ご確認ください。

スタンプを集めて、「みやぎの農産物」を当てましょう!

応募締切 平成29年12月13日(水) ※当日消印有効

【基本情報】

みやぎスマイル&スマイルスタンプラリー

主催:宮城県
お問合せ:「みやぎスマイル&スマイルスタンプラリー」事務局
(株式会社エイエイピー内) TEL:022-267-0661
HP:http://www.miyagi-smile.jp/

とおがっちゃん日記Vol.38


※上記をクリックすると拡大されます。

遠刈田温泉のキャラクター“とおがっちゃん”と幼なじみの“いがっちゃん”達が

繰り広げる4コマ漫画「とおがっちゃん日記Vol.38」(最新号)が発行されました!

※ちなみに前号はこちら

ギャラリー展示の作品を見ながら、飲食スペースもあるので、美味しいランチも

食べることができる[ギャラリーカフェCrossRoad]のお話と、

これからの紅葉がおすすめ&手ぶらで行っても、いも煮を楽しむことができる

[みやぎ蔵王えぼしリゾート]のお話ですよ!

 

 

町内観光果樹園 梨狩り・リンゴ狩り情報。

梨狩り
※画像はイメージです

この時期の蔵王町の味覚と言えば、
やっぱり、県内一の収穫量を誇る『梨』。

毎年、個人や団体、たくさんのお客様に大好評を
いただいている、町内各観光果樹園での梨狩りやりんご狩りが
始まっているところもあるそうです。

と、いうことで調べてみました!

●上記:果物狩り(梨,りんご)施設一覧

今年(平成29年)の梨狩り・りんご狩りの期間・料金などは
上画像の通りとなっております。
※果物の状況などにより期間が変更になる場合もございます。

今年は雨が続き、梨が採れる量が少なめでしたが
甘くておいしい蔵王町の『梨』を
ぜひ、食べに来てください!

梨狩りの他、毎年ご好評をいただいています
「蔵王梨テンコ盛り祭」が9月16日・17日の2日間
蔵王町ふるさと文化会館(ございんホール)にて行われます。

紅葉&いも煮会 開催中! [みやぎ蔵王えぼしリゾート]


※上記をクリックすると拡大されます。

[みやぎ蔵王えぼしリゾート]では、秋のイベント!「紅葉&いも煮会」が絶賛開催中です!

10種類以上の食材を使ったいも煮を準備しているので、手ぶらで行っても食べられます。

野菜や肉はカットしているので鍋に入れるだけの手軽さ!

「いも煮セット」・「団体いも煮セット」・いも煮と一緒に蔵王町産のブランド豚肉、
ジャパンエックスを使用した「いも煮&バーベキューセット」はおすすめです!!
ご家族や友達、社内行事でいも煮会をお楽しみください!!

 

[お問い合わせ先]

みやぎ蔵王えぼしリゾート

TEL/0224-34-4001

ホームページ/http://www.eboshi.co.jp/

 

 

17/9/14~11/30 ” 里山の てしごと展 ~麻を績み 藁を綯い 藍を建てる~ ” (みやぎ蔵王こけし館 企画 第5弾)

※ 上の画像をクリックすると、PDF ファイルでご確認いただけます。

 

かつて、古来の日本では麻・藁・藍は、どの地でも定着し、
服や、生活の道具、そして生活の彩へと変化していきました。

近代化の波によって、それらは工業化が推し進められ、
いずれの材料も日本国内で簡単に手にすることが難しくなってきました。

近年、ファストファッション が栄華を極める中、
もう一度、大自然の循環の中に回帰しようという動きが見直されています。

それは私たちの住む”里山の身の回りにあるもの”で創り上げること。

ここ、東北の地にそれらを実践し、生業としている職人たちがいます。
「里山のてしごと展」では、そうした大自然の中から生まれた、
スローでサスティナブルな作品の数々を展示しています。

ぜひ、手にとって頂き、作品の素晴らしさのみならず、生み出された過程、
ものがたり なども感じて頂ければと思います。

 

<麻・藁・藍 合同ワークショップ 開催日程>

●期日/ 10月 9日(月・祝) 11月 4日(土)
●受付/ 10時~15時(最終受付)

 

<その他、ワークショップ(WS) 日程>

開催期間中に追加となる場合もありますので、こけし館までお問合せください。

● 9月 23日(土)
【麻糸刺子/組紐 ブレスレット WS】
・伝え手:  山本 京子/佐々木 真紀(麻糸績み技能者『よりひめ』)
・参加料:  \2,000

●10月 8日(日)
【糸車体験 大麻 手績み/背守り 邪気よけの刺繍 WS】
・伝え手: 岩瀬 希望/こうのさちこ
・参加料: \1,500
※ 邪気よけの刺繍 WS ご参加希望の方は縫いたい服をご持参ください。

 

<出展者 ご紹介>

●  作品 ・・・ 倭文の会 【福島県】

日本古来の大麻手績み糸・精麻使用の作品の展示・販売材料となる精麻は無毒大麻のトチギシロの籾皮を発酵させたもの。
糸の績み方は福島県の雪国で、大麻博物館の 高安 館長がおばあちゃんから習得した掌の中の技術を教えてもらった手仕事です。
糸績みの姿は、昔は当たり前に家の中にありました。

連絡先 奥野 昌美(美麻和*みゅまな) 090-2791-3546
https://www.facebook.com/miyumana.718.maa/

 

●  作品 ・・・ 高橋 伸一 【山形県】

主宰 髙橋 伸一
1975年、山形県真室川町の稲作・畑作と畜産を営む農家の5代目として生まれる。
古来からの年中行事が息づく町の、3世代が同居する家で、豊かな自然を遊び場に、
動植物も遊び仲間という環境で育つ。高校卒業後、地元の町役場に就職。

地域活性化をめざす町のブランド化戦略に関わる中「ないものねだりから、あるもの探しへ」という地元学の考え方に触発され、
藁細工などの手仕事、伝承野菜、伝統行事など、町のユニークな〈宝〉の存在に気づき始める。
後継者不在により断絶の危機に瀕している、そうした地域の〈宝〉の継承こそ自分の使命とこころに決め、
2016年3月、20年以上勤めた町役場を退職し、工房ストローを立ち上げる。
藁細工の素晴らしさや楽しさ、また古きよき地域ならではの〈宝〉を多方面に情報発信し、
その継承と発展をめざし、日々活動中。

工房 ストロー|手仕事と食べ物
http://kobo-straw.com/
https://www.facebook.com/kobostraw/

 

●  作品 ・・・ 八巻 真由 【宮城県】

古来から「JAPAN BLUE」と呼ばれるほど、生活や文化に深く溶け込んでいた日本の藍。
​衣服をまとうことに薬効を期待した時代、藍には解毒解熱、殺菌消毒・虫除け効果があると言われていました。
​全ての衣服が手紡ぎの糸、手織りの布で1枚1枚丁寧に作られていた時代、藍で染めれば繊維が数倍強くなると言われていました。
​しかし、古来の伝統技法は、高度な技術と手間を要することから、
日本の藍は化学技術の発展と共に、合成藍、インド藍、化学薬品を用いた簡素なものに急速に移行してきました。
​藍染が、古くから親しまれていたその理由を忘れることなく
がらんの藍染はケミカルなものを一切使わない日本古来の伝統技法「天然灰汁発酵建て」にこだわり
ひとつひとつ素手で丹精込めて染め上げています。
​藍本来の気持ち良さを、肌で感じてみてください。

染 師  八巻 繭
1992年、岡山県美星町で生まれる。同時期に父 秀夫が藍染を始める。
1995年、両親に連れられ宮城県丸森町に家族で移住。
18歳から父 秀夫の工房「野風」で藍染を手伝いを始める。
社会教育、復興支援、人材育成などの仕事を経て2016年「がらん」設立。

 

天然藍染 伽藍(がらん)

所  在  地/ 〒981-2116 宮城県伊具郡丸森町 字上滝東 26-1
​営業時間/ 10:00-17:00​/不定休 (お越しの際はご連絡ください。)
M  A  I  L / aizome@garan.blue
​電話番号/ 080-5227-1025
ウ  ェ  ブ / https://www.garan.blue/
https://www.facebook.com/garan.blue/

 

基本情報

里山の てしごと展

■ 期 間/ 2017年 9月 14日(木)~ 11月 30日(木) ※ 最終日は 15:00 まで。
■ 会 場/ みやぎ蔵王こけし館
TEL 0224-34-2385
開館時間 9:00~ 17:00(最終入館時間 16:30)

 

ページの先頭に戻る↑