ホーム >  寺社・歴史 >  丈六阿弥陀如来坐像 (じょうろく あみだにょらい ざぞう)
寺社・歴史

丈六阿弥陀如来坐像 (じょうろく あみだにょらい ざぞう)

丈六阿弥陀如来坐像

 

蔵王町平沢地区の「保昌寺」にある丈六阿弥陀如来坐像は、総高3.79m、像高2.88mの威容を誇り、
平安末期につくられた町内最古の阿弥陀像です。

平安仏が数少ないこの地方にとっては貴重なものであり、昭和49年に宮城県指定文化財になりました。
「平泉中尊寺金堂」の阿弥陀に似ていることから、藤原仏教文化のものといえます。
江戸期に入ってからの修復で、頭部と胸板以外は全てつくり直されました。

 

「丈六阿弥陀如来坐像 (じょうろく あみだにょらい ざぞう)」の基本情報

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りませんのでご了承ください。

名称丈六阿弥陀如来坐像
所在刈田郡蔵王町平沢字諏訪舘28-1 保昌寺内
アクセスミヤコーバス「平沢」バス停下車、徒歩3分
駐車場あり
お問い合わせ蔵王町教育委員会 生涯学習課 文化財保護係  TEL 0224-33-2328