蔵王の大自然

ホーム >  蔵王の魅力 >  蔵王の大自然

⼀年を通じて四季折々の豊かな⾃然が織りなすとっておきのリゾートがそこにはあります。
豊かな⾃然に抱かれた蔵王町で都会の喧騒を忘れリゾート気分を味わってみてはいかがでしょうか。
⾃然あふれる蔵王町の魅⼒をご紹介します。

蔵王
「春魅⼒」

蔵王の春は花満開!
⼭裾は桃の花・梨の花が咲き、残雪が残る蔵王連峰とのコントラストがとても綺麗です。
えぼしリゾートに⾜を伸ばせば、ゲレンデ⼀⾯に約50万株のすいせんが咲き乱れています。
また蔵王エコーラインが開通。5⽉中旬頃まで雪の壁を⾒ながらのドライブが楽しめます。
ドライブの後は、遠刈⽥温泉を起点にぶらりとお散歩してみてはいかがですか?おすすめポイントは、こけし橋から⾒る蔵王連峰です。
松川のせせらぎ・桜並⽊・蔵王の⼭並みが⼀体となった⾵景を望むことができます。

雪の壁

蔵王の春を告げる風物詩、蔵王エコーラインの「雪の壁」。冬期閉鎖中に積もった雪を除雪し、高く積み上げたものが壁となって”雪の回廊”のような景観をつくりだしています。雪の壁を楽しめるのは、4月下旬のエコーライン開通後~5月中旬まで。また開通直後に御釜へいくと、湖面が凍っている姿がみられます。

詳細はこちら 

松川沿いの桜

宮城県の桜前線は例年4月上旬からやってきます。しかし山岳地帯などでは4月下旬まで咲いていたりと、長期間桜を楽しめるのが宮城ならではの魅力です。雪景色と花見を同時に楽しめるのは、宮城蔵王だけです!

詳細はこちら 

みやぎ蔵王えぼし「すいせん祭り」

新緑あふれる「みやぎ蔵王えぼしリゾート」のゲレンデに咲き誇るのは、約30種以上50万株のスイセン。蔵王エコーライン開通と同時期、4月にかけて観賞できます。

詳細はこちら 

日本の蔵王 ヒルクライム・エコ

「蔵王ヒルクライム」は蔵王エコーライン・ハイラインを舞台に繰り広げられるロードレース大会。新緑に包まれる麓をスタートし、坂道を駆け上がり、ゴール手前には道路の両脇に雪の壁がそびえ立ちます。移り変わる景色も魅力のレースです。

詳細はこちら 

蔵王
「夏魅⼒」

⼭全体が緑に包まれ、コマクサなどの⾼⼭植物が顔を出すと、蔵王の夏がやってきます。
眩しい陽光を浴びて輝く⽊々の葉と渓流のせせらぎが気持ち良く、トレッキングにも最適な季節です。
蔵王の裾野に広がる七⽇原で、爽やかな⾼原の夏を過ごしてみませんか。
約100ヘクタールの牧場が広がる蔵王ハートランドでは、動物たちとのふれあいはもちろん、チーズやバター作りなどの体験ができます。
また、蔵王チーズ⼯場で⼈気の「蔵王チーズ」をお⼟産に買っていきましょう。
蔵王野⿃の森⾃然観察センターことりはうすでは、森林浴を兼ねたバードウォッチングや散策が楽しめます。

御釜

蔵王刈田岳・熊野岳・五色岳の3峰に抱かれた円型の火口湖。釜状なので「御釜」という名前がつきました。湖面はエメラルドグリーンの水をたたえ、荒々しい火口壁と対比して神秘的な雰囲気。冬の樹氷と共に蔵王の象徴となっています。

詳細はこちら 

ふれあい牧場 蔵王ハートランド

緑の牧草地が一面に広がる約100ヘクタール(東京ドーム20個分)の牧場で、牛やヒツジなどが飼育されています。動物たちを直接触れるコーナーをはじめ、チーズ料理の喫茶店やジンギスカンハウス、チーズ作りやソーセージづくりが体験できる施設(要予約)があり、一日中楽しむことができます。

詳細はこちら 

蔵王山トレッキング

蔵王山とは「蔵王山」と呼ばれる名称の一つの峰があるわけではなく、その場所に存在する山並み(連峰)を指します。宮城県と山形県の両県南部の県境に位置し、主峰は熊野岳という標高1,841mの山となります。蔵王山の自然を満喫するトレッキングコースが複数あります。

詳細はこちら 

コマクサ

6月下旬~7月にかけて、火山岩の岩間にピンク色の可愛らしい高山植物コマクサが咲きます。溶岩上に根をおろし、高さ5~15cmほどの小さな花。他の植物が生育すると枯れてしまうというはかない花でもあります。

詳細はこちら 

その他夏の関連スポット

蔵王
「秋魅⼒」

⼭々が紅葉を⾝にまとい、蔵王が華やかに⾊づく秋。
9⽉下旬から10⽉下旬まで、紅葉狩りやハイキングを楽しむ人で賑わいます。
蔵王エコーラインの滝⾒台からは、⾚や⻩⾊に彩られた⽇本の滝百選の三階滝や、不動滝、地蔵滝を望むことができます。
蔵王ハイラインを上った刈⽥岳には、蔵王のシンボル御釜があり、湖⾯はエメラルドグリーンの⽔をたたえ、荒々しい⽕⼝壁と対⽐して神秘的な雰囲気です。太陽光線の当たり⽅で、様々な⾊に変わります。
休⽇は混雑することが多いので、時間にゆとりをもってお越しください。
紅葉の後は、県道沿いにある観光果樹園でみずみずしい梨やリンゴ、新鮮な野菜を購⼊するのも良いですね。果樹畑によっては果物狩りを楽しめる所もあるので、家族みんなで⾏ってみましょう。

秋のエコーライン

蔵王エコーラインは県内でもいち早く紅葉が色づき、10月上旬~下旬に見頃を迎えます。そして紅葉シーズンは、多くの方が訪れる名所です。カエデやナラ、ブナなどが赤、黄色に染まり、錦秋ならではの美しい景観は必見です!

詳細はこちら 

滝見台

滝見台は日本の滝百選の一つ「三階滝(さんかいたき)」と「地蔵滝(じぞうたき)」「不動滝(ふどうたき)」を望める絶景のビュースポット。

詳細はこちら 

不帰の滝

駒草平展望台から見る不帰の滝(かえらずのたき)は、高さ97.5m、幅14mあり、濁川の五色岳の東部に深く切り込んでいます。荒々しい岩肌を、紅葉した低木が覆う光景は火山地帯ならではの絶景です。

詳細はこちら 

不動滝

蔵王山中の瀑布のうち、最も規模の大きな滝で、高さ53.5m、幅16m、滝つぼ32mあります。水量が多く、しかも深山の中の滝といった趣があり、数多くの文人墨客に親しまれています。

詳細はこちら 

蔵王
「冬魅⼒」

全国で限られた地域にしかできない「樹氷」が⾒られる蔵王の冬は、スキーの名所でもあります。
ナイター営業をしているみやぎ蔵王えぼしリゾートと、雪上⾞で⾏く樹氷めぐりが⼈気のみやぎ蔵王すみかわスノーパークは、変化に富んだゲレンデとツアーコースが魅⼒です。初⼼者から上級者までがスキーやスノーボードを楽しむことが出来ます。

樹氷

雪と氷が織りなす造形美は、厳冬の蔵王の風物詩になっています。樹氷は、アオモリトドマツの木に氷と雪が付いたもので、日本でも限られた地域にしか見られません。

詳細はこちら 

スノーシュー

蔵王町内には、ご自身の体力に合わせて、気軽に歩けるものから本格的な冬山までど、多様なコースがあります。動物の足跡なども見られ、春~秋とはまた違う森・山の魅力を実感できます。

詳細はこちら 

マウンテンフィールド宮城蔵王すみかわスノーパーク

スノーボーダーの聖地。ほとんどアイスバーンにならない良好な雪質で、スノーボード・スキーの初心者に最適な「すみかわゲレンデ」と、中・上級者向けの「あとみゲレンデ」があります。

詳細はこちら 

みやぎ蔵王えぼしリゾート

宮城県最大の規模を誇るスキー場で、全11コースあります。12月から3月までのスキーシーズン中、初心者から上級者まで幅広く満足いただけます。

詳細はこちら