ホーム >  寺社・歴史 >  刈田嶺神社 里宮 (かったみねじんじゃ) / 遠刈田
寺社・歴史

刈田嶺神社 里宮 (かったみねじんじゃ) / 遠刈田

刈田嶺神社 里宮

 

蔵王山頂にある刈田嶺神社の里宮として、冬の間、御神体がここに移されます。
祭神は天之水分神・国之水分神(あまのみくまりのかみ・くにのみくまりのかみ)で、
明治5年に水分(みくまり)神社と改め、同8年に刈田嶺神社と称するようになりました。
この神社と蔵王山参りによって、遠刈田温泉が発展していきました。
また、絵馬が蔵王町指定文化財になっています。

 

「刈田嶺神社 里宮 (かったみねじんじゃ) / 遠刈田」の基本情報

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りませんのでご了承ください。

名称刈田嶺神社 里宮 (遠刈田)  社務所
所在刈田郡蔵王町遠刈田温泉仲町1
アクセスミヤコーバス「遠刈田温泉」バス停下車、徒歩2分
駐車場あり
Wi-Fiなし
お問い合わせ刈田嶺神社 里宮 (遠刈田)  社務所 TEL 0224-34-2620
蔵王町教育委員会 生涯学習課 文化財保護係  TEL 0224-33-2328